FC2ブログ

もうすぐ3年 ⑦2018年前半

By雨宮 弥白

20181222225434459.jpg
クリスマスツリーごっこだそうですw

----
時折ふくやプラグインを配布していたりするのですけども、単純な話で、たのしいを共有したいなって。
たまに自作もあるけど移植メインでやっているというのもあって、自分SGEEEしたいわけでもなく、ただ楽しんでくれたらいいなって。
「最初から入ってたみたいに」ってたまに言ってますけどもそんな感じです。
自作のメッシュなんかはCC-BYかなんかで再利用も可能にしています。
使う人にプラスになってほしいから、極力トラブルにならないような導入方法や使い方、マニュアルの整備なんかもわりとしてるほうです。

なんか作って配布したり、公開する人もたくさんいるからそれぞれ目的も異なるのだと思いますけども、
ご自身の目的とそれに対してとっている手段の関係について今一度考えなおしてみるのも良いかと思います。

この時期ごろから時折FANBOXあたりでお金取って活動して通報されてアカウント停止されたりする方がちょいちょいいた気がします。
目的と手段が整合してないんですよね。

----
2018年前半は色々ありましたねw

・プレホスタジオ
・コイカツ
・SUMMER VACATION


プレホから行きましょうかw

プレホに関しては一度総括してるので言う事はあんまないです。
前の記事見てw

大事な事なのでもう1度書いておきますと、キャラクターデータ流出の恐れのあるバグのお話。

①自分とこのキャラクターでシーンデータつくる
②配布用にデフォルトキャラクターに入れ替えてシーンデータ保存
③配布

ってやったときに、②で入れ替えて保存したはずなのに、出来たシーンデータには①の自分のキャラクターが入っていて、
③で配布されてしまう、というような事象です。(しかもシーンデータの画像部分は差し変わっている)

プレホスタジオ発売日に何人かのユーザーが気づいて、ちょっとざわつきました。
この時、個別に数人からヘルプを受けて対応しています。
公式にシーンデータ上げちゃったどうしよう、pph板でシーンデータ配布しちゃったどうしよう、などなど・・・
pph板はすぐに該当データを削除、公式へはバグ報告、ついったーやpph板での注意喚起を当日実施。

公式さんは翌週の金曜(※明確には覚えてないです、月曜でないのは間違いない)までバグを放置、注意喚起もなし。
翌週の金曜にしれっと「更新ファイルです」ぐらいの感じを決め込まれていました。
ごめんなさいもなかったな。

あーこの件は思い出すと今でも腹が立ちますねいけません。

私はこの時シーンデータ出してなかったけど、これがどれだけ重要な事かっていうのは分かる人には分かると思います。
プレイホームにはキャラクターカードのコンバート機能があるから、SBPRのキャラクターも読み込むことが出来ますよね。
長い人は2年の付き合いのキャラクターです。
また、発売当日にスタジオでシーンを作るキャラクターって一体どんなキャラクターなんでしょうね?考えた事はあるのかな。

プレホはここまでにしときますw

----

つぎSUMMER VACATIONいきますか。ネガティブな内容2連続になってもうたw

いりゅーじょんさんと別会社ということでIVRさんから新作「SUMMER VACATION」のプロモが発表されます。

えっとこれ、あのね、このキャラクター(以下略)
たまに公式サイトで「なんか版権キャラクターっぽい」みたいな理由で投稿したキャラクターカードを削除されてアクセス禁止になるみたいな事ありますよね。
ええっとお前さんどんな顔で(以下自主規制)

まあこれ今も発売されてないんですけど、こえてくさんはどうするんでしょうね。
ソニーさんは新規タイトルでそんな力入ってなかったのかもですけども、こえてくさんのこれは看板タイトルの看板キャラクターぽいですし。

7月に入ってからですがCG WORLDの表紙
えっとこちらのキャラクターはどちらのキャラクターなんです?オリジナルの?ああそうですね。

人のものを使わせてもらうなら謙虚であるべきです。それが権利的に怪しいならなおのこと。

----

最後はコイカツ、4月発売かな。
こちらはプレイホームの対応とはだいぶ変わります。

・要望フォームが出来た、しかも発売前に
・発売前からバグフィックス実施
・コイカツ速報っていうおしらせ欄が頻繁に更新される
・メーカーの人がついったーに出てきてユーザーといくらか交流
 #コイカツ のタグが付いてるとだいたいRTしてくれてたね
・無料の追加データがたくさん!

私はプレイホームの件が引っ掛かっているので購入していませんが、
上記の内容は今までのいりゅーじょんさんから考えるとかなりの進歩といえる事ですし、
未来ばかりでなく現在も大事にしてくれるようになるのかな、と少なからず期待したものでした。

コイカツ自体もそこそこ売れたようで、コイカツからいりゅーじょんさんのゲーム始めましたー!っていう方々ともいろいろ知り合うことが出来て、遊び場としては幅が広がったように思います。
事情により私は買いませんでしたが、私別にアニメ調が苦手という訳でもないし、皆楽しそうに遊んでいるので見ててもたのしくなりますね。

ついったーあたりでも遊ぶ人が多く見られて、いりゅーじょんさんのゲーム関連のユーザー層としてもようやく黎明期に入ったのかなと感じられる時期でした。
Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply