FC2ブログ

もうすぐ3年 ③2016年後半-1

By雨宮 弥白

20181207153146068.jpg

また総集編かよ!!
やほら画像は新作なんやで()

----

この区間が一番激動だったかもw
文字数多くて分割ですよまったくw

2016年6月ごろに出張所へ移転して落ち着いたころですかね。
確かこのあたりからHFに直接出向いて配布物を置いてくるようになっています。
理由はいくつかで、

①当時これがないと何もできない状態だったSB3Uがあちら由来
②国内で配布されてる方の配布物が許可なく転載されている
③あちらではフルパッケージが、ごほっごほっ
④同じ趣味で遊んでるならワイワイやりたい

こんなとこかな。最後ww
②が直接的な理由です。知人から色々聞きました。

私の場合、だいたい移植でやっています。
移植元の配布条件なんかもありますし、あまり目の届かないところで無断で再配布されたくなく、
ならいっそ自分で配布しに行けば「無断配布」じゃなくなるよね、という脳筋理論です。
ただまあ、誰かがURLはっつけただけのものより、直接配布されるもののほうが顔が見えるから、大事にしようって思ったりもしますよね。

③もそれなりに大きなテーマではあって、(各国の法律のことは置いといて)せっかく興味持ってもらえたなら、パッケ買ってメーカーさんを支援してほしいなって。
それを知らんやつが「買えよ!!」って言ってもそうはならないじゃないですか。だから徐々に。
DMに留めていますが、何人かには言いました、日本に来たら絶対パッケ買って帰るんだぞってw

それと前回と同じになりますけども、「権利関係大丈夫なものを扱ってもこんな面白く出来るんだぜ!」って大きい声で言いたかったというのもあります。理由は以下略。

直接の関係はあまりなくても、やっぱり全体としてみたら大きな輪の一部同士なわけですよ。
こちらは節度を守ります、あちらは好き勝手でもしらね、あちらからの利益は受けます。何の対策もしません。これは通らないと思うんです私は。
現状がそうなのは仕方ないけど、少しづつでも改善したいなって。
あまり直接的に言うとあれなのでやっていませんけども、権利関係を明記したり、一言注意を書いたりと、ほんの少しですがアピールはしてみています。

急には変わらないと思います。でもそういう事もやりたい。文化をつくりたい。
文化が人をつくって、人がものを作って、そうして次へ繋げていく。ものだけつくってたらそれっきりになってしまいます。

9月かな、中国・台湾が本拠地らしいUUGGにお邪魔し始めたのも概ね同じ理由が含まれます。
あちらは、臨さんたこさんえりちゃん等友達も多かったし、ダウンロードの時にコメントが必須とはいえ構ってくれる人が多かったw

UUGGにおいて、日本の作者の配布物の無断再配布について問題になったことを数例見ています。
特に、私がUUGGに行って配布していたものが別の中国系サイトに無断転載された際は、利用者のほうからエスカレーションが上がって、UUGGの管理者の方(まあ臨さんなんだけどw)が対処してくれました。
また、あまり過去をしりませんが、UUGGでの無断再配布よりも、許可を得ての配布や許可が得られない時は案内に留めるなど、少しではありますが影響を与えられているのかな、と感じられなくもない事もありました。

この付近は仕事から帰ると2か国語って感じでわりとたいへんでしたw

UUGG訪問が9月なので前後しますが、7月ごろ、ハニーセレクトの体験版が公開されました。
6月?わかんないw
とにかく私は興味がなかったし情報も入れてなかった。

・playclubまだ半年しか遊んでないし遊び倒してない
・肌テクスチャの質が大幅劣化
・スタジオがへぼそう
・内部構造が大きく変わるので改造がめんどい(軒並みめんどい方向へ)

もともといりゅーじょん画像掲示板から流れてきていますし、新作が出れば新作をやる人もいます。
でこれをどう抱えて行けばよいのか、当時の私にはまったく分かりません。
スレッドを分ければグループの線引きになってしまうし、分けないなら分けないで新旧の軋轢みたいになりそうで。
何より私自身まったくハニーなんとかというタイトルに興味がないのが大きかったです。乗り気だったら気にならなそう。

8月。
体験版でキャラクターを作ってみるもまったく乗りません。(バナナ前髪が無いから)
なんでなくすねんwwもっと明らかに質が悪くて使いまわしてるのあるでしょう。

なんかの機会に書いた気もしますが、8月いっぱいで店じまいと継続が半々でした。
8月で終わりかもしれないので、急遽SSコンテストと記念撮影を始めて忙しくなってしまいましたw
誰にも何にも相談しなかったな。

ここでは触れませんがとある事をきっかけに継続を決意、名前だけ装いを新たに、両タイトルを抱えますよ、という意思表示のために「pH板」と名前を変えます。

9月。
ハニー何とか発売。
とはいえ一向にハニーなんとかを触る気になりません。(バナナ前髪が無いし)
案の定スタジオの機能はあれだし。

そもそものお話として、キャラクター部分が変わるからスタジオが刷新されます、データの引継ぎもありません、というのがまずもっておかしいと言いますか。
poserのバージョン上がってフィギュアの世代が変わってもある程度継続できるでしょう。
CM3Dも多少は継続性あるんですよね?
ここらへんで、継続して遊びたいユーザー側と、売り切りで継続性を無くしたいメーカーさんとの温度差を感じます。
毎回、良い言い方をすると天真爛漫なメーカーさんの意向ややる気の入り方の違いに振り回されるしかないというのもどうなのかなと。
受け身しかない。

でまあ触る気はあんま起きないけどスタジオ触ってみるとですね、アイテムが全然ないんですよ。
2016年初頭の私が感じたのと同じような状況。
ああこうして毎作リセットを繰り返していくんだ、と。
そういう状況が嫌だったんですね。
playclubでは何人かの方がいろいろ用意してくださいました。おかげさまで楽しい撮影が出来ました。
であるなら、今度は私がその役割をする番かなって。

不幸なことにハニーなんとかのスタジオアイテムの仕組みはかなりしょぼくて、改造に向いていない状態です。
仕様検討からツール作成まで2週程度で実施、9月末には確か配布開始していたかと思います。
多少老朽化し始めていますが、今でもこの仕組みは続いています。
ここではKさん、TKさん、こあっさんが翻訳とか手伝ってくれて、ほかいろんな方が人柱erしてくれてました。

枠組み、とか、環境というのが割と重要で、ほぼ同じ環境であまり流行らなかったSBPRと異なり、ハニーなんとかのスタジオアイテムはそのうちいろんなとこでいろんな人が作ってくれるようになりました。

ここまで出来たらあとは私がやらなくてもいいので、しばらくしたらplayclubに帰ろうとw
この付近は睡眠時間がほんとすっくなかったです。
Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply