やきいも

20170929220959712.jpg
----
◇「やきいも for ハニーセレクト」 とは

「やきいも for ハニーセレクト」は配布物の導入支援ツールです。
forなんたらは対象によって微妙に別ツールになるためです。通常は「やきいも」と呼んでくれればいいです。
海外向けの時はBaked Potato(BP)でいくつもりです。

◇動作環境
・windows 7(x64)~
・.NET Framework 4.5ぐらい
・解像度縦800以上
・やさしい心
・管理者権限のあるユーザー
 (ファイルを書き込めない関連が発生する恐れあり)
・「やきいも」は空き容量があって分かりやすい場所に移動してください
 ネットワークドライブは使用しないほうが無難です
 HoneySelect本体と同じドライブが無難です

◇ダウンロード
・ハニセ
http://www.mediafire.com/file/qo70xy17iqz74lc/%E3%82%84%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%82forHoneySelect_0.0.1.11.rar
・プレホ
http://www.mediafire.com/file/47cctdxsbx7htm9/%E3%82%84%E3%81%8D%E3%81%84%E3%82%82forPH_0.0.1.11.rar

◇目的

・うちの子のSSをバラまきたい

・導入操作を簡単にしたい
・導入時のミスを防止したい
・導入したものを簡単に外したい
・簡単に全部バニラにしたい
・複数環境持っておきたい(が全部N倍にはなりたくない)

◇概要
ykim01.png

製品のフォルダにModを配置せずに「配置したことにする」ツールです。
実際には配置していないので、別々に管理する事が出来ます。

◇使い方
〇初回

起動するとこんな画面になるので、
①参照ボタンを押す
②HoneySelectまたはHoneySelectDLを選択
③読み取りボタンをクリック
④数分待ちます

〇初回以外の画面説明
ykim03.png
①環境ごとにイラストが異なるので、意識付けがかんたん!
②やきいも上の環境。製品+5個が用意されています。(とりあえず拡張不可)
③環境の名前を変えることができるぞ!
④この環境に配置されているものです。
⑤環境ごとのファイルの追加履歴を確認する事が出来ます。
⑥左のツリーで選択したものになんかできます。
 「活性」:ゲーム内で使用するようにします。
 「非活性」:ゲーム内で使用しないようにします。
 「削除」:この環境の仮想フォルダから削除します。
⑦ここに追加するものをドラッグ&ドロップすることでこの環境に追加する事が出来ます。
 IDの確認が行われます。
 IDが競合しているものは追加できません。
⑧この環境にします。
 しばらくお待ちください。

◇使ってみよう
初回画面の設定を終えた状態で、これを使ってみましょう。

1.環境1のあのへんに、配布物内のabdataをドラッグ&ドロップします。
参照ボタンでabdataまたはHoneySelectを選択して「追加」してもらってもいいです。
ykim04.png

2.なんか追加されたようです。
ykim05.png

3.「この環境にする」ボタンを押して、終わるまで待ちます。
ykim06.png

4.ゲームを起動して確認してみると・・・追加したものがありました!
ykim07.jpg

かんたんですね!

5.入れたものが何だったか、見れる機能が一応あります。
ハニーセレクトだとlist\characustom以下のunity3dファイルをダブルクリックすると、このファイルに入ってるリストが分かります。
ykim08.png

画像ファイルもダブルクリックで表示できなくもないです。
ykim09.png

かんたんですね!

◇ユーザーデータの扱い
ykim12.png
仮想環境を適用して作成したキャラクターデータはシーンデータは仮想環境内に保存されます。
(バニラと仮想環境で使用可能なものが異なるため分けています)

環境ごとにUserDataフォルダを持っていて、「この環境にする」をするときに持ち替えています。

ykim15.png
これは環境4を適用したところです。
バニラのUserDataフォルダが.ignoreという別の名前にして避けてあります。
UserData自体はシンボリックリンクになっています。
どこを参照しているかというと、

ykim16.png
やきいも配下の各環境のUserDataです。
仮想環境を作った当初、キャラクターカードは何もありません。
キャラクターカードなどを追加したい場合は上記各環境のUserDataフォルダにコピーしてください。

userDataも、「HoneySelect\UserData\」の構成になっていれば、ドラッグ&ドロップで適用できます。
がシーンデータ1枚配布もらってきた際などはめんどいと思うので、そういう場合は仮想環境のUserDataフォルダに
エクスプローラで直接放り込んでください。
放り込むだけでOKです。

◇仮想フォルダの構成
ykim13.png
こんな感じです。


やきいも導入時は書く環境にキャラクターカードなど一切入っていないので、
userdata下のcoordinateとcharaをエクスプローラでコピペしておくといいですよ!

◇よくある質問

Q1:バニラ側へは何も手を入れないのですか?
A1:厳密にいうと違います。シンボリックリンクを作ったりuserDataフォルダをリネームしたりしています。

Q2:使ってみたけど良く分からなかったのでなかったことにしたい
A2:「製品のみ」タブで「この環境にする」をするか、製品側フォルダからシンボリックリンクになっている(アイコンが違います)ファイルを全て削除してください。

Q3:「この環境にする」でバニラに戻した後になんかへん。HoneySelectフォルダを見てみるとUserDataフォルダが無くてuserData.ignoreフォルダになっている。
A3:「この環境にする」を行う際にUserData内のフォルダを開いているとuserDataフォルダのリネームに失敗することがあります。
 この場合、UserData.ignoreフォルダを手作業でリネームしてください。
 こうした事象となることがあるため、「この環境にする」を行う際はバニラ側のuserData内のフォルダやファイルが開かれていない事を確認してください。
 また、ゲーム起動済み状態で「この環境にする」はしないほうがいいです。何が起きるか分かりませんし


Q4:もうハニセにだいぶMod入れてるんですがそういう場合はどうなりますか。
A4:「やきいも」初回使用時の状態を「製品のみ」と定義します。
 今後の作品でもこうした管理ツールは登場する事になるかと思いますので、
 慣れる意味も含めて体験いただけると嬉しいです。

Q5:バージョンアップの時はどうなりますか?
A5:バージョンアップ用にexeだけのも配布するので、exeだけ上書きして下さい。

Q6:環境ごとのuserDataフォルダが深いので行くのがめんどいん
A6:ショートカットを作っておくと べんりです

Q7:配布物の圧縮のされ方がこんな感じなんですがどうするといいですか?
 LREなんとか\abdata\…
         \StudioNEO_64_Data…
         \Plugins\…
A7:この場合は「LREなんとか」を「HoneySelect」にリネームして、「HoneySelect」をドラッグ&ドロップしてください。

Q8:「この環境にする」ときになんか権限確認がたくさん出ます
A8:シンボリックリンクを作成するときに管理者権限が必要になります。
 UACをOFFにするか、管理者権限で「やきいも」を実行してください。
 なお管理者権限で実行する場合はドラッグ&ドロップで追加をすることが出来ません。
 各環境のタブに追加用の参照ボタンと追加ボタンがあるのでそれを使ってください。

Q9:仮想フォルダが深くて行くのがめんどい
A9:各環境のタブ内のどこかをダブルクリックすると開きますよ!

Q10:ダウンロード版も つかえますか
A10:行けるはずです。最初に指定するパスはHoneySelectDLです。ここだけDLがつきます。
 配布物をドラッグ&ドロップするときは配布物のHoneySelectで大丈夫です。あとはよろしくやります。

Q11:別PCに環境を移したいです
A11:別PCに製品群を全部インストール→旧PCの焼き芋フォルダを全コピー→再読み込み でOKです。
 やきいもは再試行性があるので、何回やっても大丈夫です。

Q12:UserDataフォルダは環境ごとに分けたくないです。
A12:config.iniの[APP]セクションに
ADJUST_USER_DATA=NO
と追記してください。

Q13:プラグインやハニセのスタジオアイテムはどこに入れるといいの?
A13:製品のものとして全環境で供用を前提とするなら、どちらもファイルコピーで通常のHoneySelect以下に入れてください。
 個別の環境のみで使用したいプラグインやスタジオアイテムは、各環境タブでドラッグ&ドロップしてください。
 UserDataを除いたすべてが、「製品のフォルダ」に対して「適用したい環境に追加したファイル」で上書きします。
 (実際には上書きしていませんがイメージ的なお話)
 「この環境にする」を実行しますとプラグインやスタジオアイテムや定義テキストなどが通常の「HoneySelect」以下に配置されている「ように見えます」。
 ハニセのスタジオアイテムであれば、このあとHiR_Neoを実行してください。
 ちなみにハニセのスタジオアイテムはフォルダ分けにあまり向いていません。
 (00.unity3dを書き換えてしまうから)
 アイテムリストも共用したいのであれば、環境ごとに00.unity3d(リストファイル)を追加して、
 環境ごとのファイルであるように扱う必要があります。

Q99:動かないです
A99:具体で問題を教えてもらえれば調査してみます。(エラー画面が出るならその内容など)
 改善はしたいのでぜひ教えてください。
 ざっくり「動かない」ですと何もできません。
 「やきいも」を前提に配布物が配布されるわけではないし、今まで通りHoneySelectフォルダを丸ごとコピーをとって配布物をエクスプローラでコピーして使ってください。

----
まずはこのぐらいですかね!
あくまで支援ということでこのぐらいの機能にしてみました。

いつも初回からver1.0.0.0なんですが今回は0.0.1.0だったかなw
だいぶ弱気なのが伝わるかと思いますw

操作内容が多いんですよ。作った分に比例してバグが出るわけで。